【現地シドニーより】なぜオーストラリアのシドニーは住みやすいのかを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オーストラリアの都市は、よく世界の住みやすい都市ランキングに登場しています。オーストラリアの中でも人気な都市が、メルボルンとシドニーです。

今日は、そんな人気の移住都市シドニーが、なぜ住みやすいのかを考察します。

私がこれまで住んできたところ

僕は、現在シドニーにきて3年間が経過しました。

シドニーにいる期間が長くになるにつれ、シドニーが大好きになり、そして暮らしやすい都市だなと感じるようになりました。

という意見も、これまで住んできた場所と比較してシドニーがいいなーという意見に至ってると思うので、これまで住んできた場所を紹介しておきます。

僕は、これまで

山口県に15年(田舎の中でもド田舎で、通った小学校は閉校しました。)

山口県の通った小学校へ続く道

山口県の通った小学校へ続く道

その後、福岡県に10年。と言っても、北九州市ですので、ここもそれほど大きな都市ではないです。

その後、東京に3年間。正確には住んでいたとこは、ギリギリ神奈川県の川崎になります。会社のある霞ヶ関、銀座あたりに通勤しておりました。

東京生活も経験しましたが、ベースは完全に田舎もんです。そんな田舎もんの感想だと思って軽く読んでください。

多民族都市なので、外国人でも住みやすい。

普段電車に乗っていたり、街を歩いていても、シドニーに住む人々は良くも悪くも他人への干渉が少ないなと感じます。欧米系、アジア系、中東系と、色んな人種、文化を持つ人が住んでますので、それぞれの生活のスタイルがシドニーにはあります。

日常生活の小さなとこで言えば、日本の朝の通勤電車は激混みなのに、とても静かです。そして激混みの中でも寝ている人が結構います。

一方で、シドニーではそれほど混んでませんが、とても賑やかです。普通に電話している人もいますが、寝ている人はいません。

シドニーでは日本人(外国人)だからと行って、特に目立つことはありません。

私の実家のある山口市で外国人の方がいればどうしても目立ってしまいます。なんせ、99%が日本人ですので。

チェコ駐在に行った日本人は、すごく住みにくかったといいます。日々差別を感じていたと。普段生活をしていて、ジロジロ見られる生活は疲れるそうです。そりゃそうでしょう。

日本の福岡市で働いていたオーストラリアの友人も、日本人からよくジロジロ見られて嫌な思いをすることがあったと。

私は、シドニーでそういう経験をしたことは、一度もありません。たまには、見られたいぐらいです。

知り合いの輪がいい意味で小さくなる

シドニーで週末とか仕事後に会う友人は二年もすれば固まってきました。

お店も早く閉まりますので、深夜まで飲む事もほぼありません。

ロックアウト法というのがNSW州にはあり、今は深夜1時か2時にはクラブなど閉店しないといけないという法律です。これにより、街の安全性は向上し、救急隊などの出動回数は減ったようですが、その一方で飲食店などの売り上げも減少し雇用も減るという問題もあり、現在はこの法律の見直しが進めれられているようです。

東京にいた時には、どうしても付き合いなども多く忙しくしていました。週末は、渋谷、銀座、六本木に飲みにいき、終電もしくは朝まで飲むというのよくありました。クライアントの方々や、社内での飲みも、日を跨ぐ事が多くありました。そしてタクシーで寮のある川崎まで帰り、寝るのは2時とか3時です。今はもう無理です笑 あれは不健康になりますね。当時は若かったので、楽しくいい思い出ですが。

これは、日本と豪州でビジネスのやり方が違うというのが大きな要因だと思います(週末は関係ありませんが。笑)。

日本はお酒の付き合いが非常に大切で、そこで実際に大きな契約が交わされることがあります。採用面接でも役員の方から、「君、お酒はのめるかね?」「はい、問題ございません。」採用!となります。これ、三次面接あたりで本当に聞かれました。豪州企業の面接でこんな質問をしたら、その会社は訴えられる可能性すらあります。この日本のビジネススタイルも、徐々にですが変わってきているようです。

また、先日、KPMG上海に移動になった友人が帰ってきて面白いことを言ってました。彼女は、インドネシア系のオージーです。彼女いわく、シドニーはルールが多すぎて面倒だけど、上海は自由だと。

えっ!!!シドニーこそ自由の国だよ!と、日本人の私たちは思いますが。

彼女曰く、シドニーにいるときには、

あのレストランが流行っていれば、絶対行かないと!とか感じてしまうし、流行りの化粧品も買わないと。

と思ってしまうと。一方で上海では全く感じないと。

全く同じようなことを、韓国からシドニーに移住してきたカップルも言っていました(シドニーが自由で住みやすい。)

シドニーに移住してきた私も似たようなことを感じます(シドニーが自由。)

つまり、これは都市がどうこうというよりも、違う国に移住することで、自分と比較する対象(友達、会社の仲間等々)が一気に減るからだろうなと思います。

あの流行りの服がとかレストランがなどは、メディアや友人たちからの情報により無意識下に刷り込まれてしまいますが、海外、異国にいくことにより人間関係も減り、また言語の違いにより入ってくる情報も一気に減るからだと感じます。

そしてそれを人間は心地よく感じるものなのか、と思いました。無意識下のプレッシャーから解放されているのかもしれません。

必要十分な都市のサイズ

日本に帰る度に思いますが、東京は空港から目的地まで行くのが本当につらいです。

成田空港だと新宿まで約2時間もかかります。羽田からでも約1時間です。しかも電車はかなり混んでいるのでスーツケースであの移動はきついですね。あれは、結構ストレスになります。

シドニーでは、空港がcityの近くにあります。ビジネス街からタクシーで20分です。私の住んでいる家からは車で10分で行けます。これは、東京が超大都市であるのでしょうがないといえばそれまでですが、シドニーぐらいのサイズは本当に住みよいと感じます。

街の雰囲気は違いますが、シドニーと福岡がなんとなくにているかなと感じます。福岡も博多駅から、国際空港まで地下鉄で二駅です。すでに私にとっては十分なサイズですが、シドニーもまだまだ成長段階ですので、これからの成長を楽しみに暮らしています。

成長国のダイナミズムを感じることができる

日本とは違い、オーストラリアのシドニーの経済、人口はまだまだ成長しています。

オーストラリア政府の統計によれば、現在約2,500万人の人口が、2050年には約3,800万人に達すると予測されています。すごい勢いですよこれは、日本は、どんどん減っているというのに。

バブル崩壊後に生まれ、日本の高度経済成長期の勢いを感じることができなかった世代としては、成長する国の勢いを感じてみたいというのが本音です。

シドニーでは今現在も、アパート、マンションの建設ラッシュ、シドニーメトロの大工事などが進んでいます。最近はすこし落ち着いてきたとはいえ、まだまだその勢いを感じます。

自然、緑を多く残した都市デザイン

日本で海に行こうとなると一苦労ですよね。

シドニーには、都市の中心地からでも気軽にアクセスできるビーチがたくさんあります。私の家からも車で10分ほどでビーチに行けます。夏は、毎週のようにビーチにいきます。

そして、シドニーのビーチはとてつもなく綺麗です。筆者もこれまで、タイのサムイ島、プーケット島、ハワイのオアフ島、マウイ島、フィリピンのセブ島、そして故郷は山口県の角島など、多くのビーチリゾートに行きましたが、シドニーのビーチがもっとも綺麗だと思います。海の青さが違います。東京から気軽に行ける江ノ島などと比較してはダメです。

オーストラリアのビーチ

オーストラリアのビーチ

オーストラリアの夕日

オーストラリアの夕日

丘から見るビーチ

丘から見るビーチ

あと思うのは、普通の道路のそばにもやたらと緑が多いのがシドニーです。このあたりは政府の街づくりの方針だとは思いますが、例えば、こんな感じです。運転していても、歩いていて気持ちいいです。

シドニーの何気ない道路

シドニーの何気ない道路

世界的に見ても素晴らしい気候の良さ

スカッと晴れた晴天の日が多いです。青い高い空を見て過ごすのは本当に気持ちいです。

天候というのは、ずっと生活していると人の性格にも影響するそうです。例えば、フィジーとか、ハワイの人が陽気であるとか。

一方で、一般的にロシアの方々が陽気なイメージはないですよね?日本人からはあまり聞きませんが、UKとかフランスの方からは、シドニーの天気が好きなので移住してきた、というのもよく耳にします。

シドニー中心部にある公園

シドニー中心部にある公園

シドニー中心部にある公園

シドニー真夏のクリスマスツリー

まとめ

以上、シドニーに5年間住んでみて感じたことを書いてみました。

シドニーに留学でもワーホリでも移住でも、行くかどうか迷っている人がいたら、私は自信をもっておすすめします。シドニーは、生活するのに最高の都市ですよ!一度は経験して損はないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*