【海外転職の記録】僕がオーストラリアで現地採用として働くまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オーストラリアはシドニーのビジネス街

今日は、僕の経験した海外転職について書きます。

海外といっても、僕の場合はオーストラリアのシドニーでの話になります。オーストラリアでの就職活動の結果、最終的に日系の総合商社で現地採用として働くことになりました。

転職時の私のスペック

  • 日本の船会社(海運業)にて営業経験約3年
  • TOEIC900点ちょい(学生時代に取得。日系企業のみまだ有効。)
  • しかし、帰国子女でもないので英語レベルは正直微妙です。

という状況で、シドニーで海外転職活動を開始しました。

此れと言って突出した経験はありませんが、日本の川崎汽船で一生懸命に働いた3年間の経験と、学生時代に勉強して取得していたTOEIC900点が、海外での転職活動を助けてくれる結果となりました。

ちなみに、TOEICが有効なのは日系企業のみですので、そこは注意してください。

 

新入社員時代に乗った船

日本での新入社員時代に乗った船

 

オーストラリアでの海外転職活動の結果

  • 日本●●(食品) 内定
  • JC●(金融)内定
  • High and ●(FX) 内定
  • ●●トレーディング(食品商社) 内定
  • 伊藤忠豪州(総合商社) 内定

この時、募集のあった日系企業からはすべて内定頂けました。

一方で、非日系企業、いわゆる外資系企業もアプライしまくりましたが、書類選考通過して、電話面接まで行ったのが3社程度で、残りは、ほぼ無視でおわりました。厳しい現実です。

外資系企業の電話面接では、いつも募集しているポジションに関連する実務経験などを聞かれました。例えば、ITでの法人営業のポジションであれば

  • ITの学位ある?
  • IT業界での実務経験ある?
  • 法人営業経験ある?
  • オーストラリアでの実務経験ある?

などを聞かれましたが、私は全てノーとしか言えなった面接もありました。笑 オーストラリアでは、日系企業で貿易関連の仕事はそこそこありますが、非日系企業では、とても少数です。やはりIT関連のポジションの募集が多かったです。

 

つまり海外現地採用で大切なのは、

  • 採用ポジションに関連する実務経験をもっているか(最重要)
  • 採用ポジションに関連する学位があるか
  • 英語力

ということです。

オーストラリアの外資系企業(非日系企業)は、未経験者を0から育てようなんてマインドはありません。日本の新卒一括採用のようなシステムもありません。

オーストラリアでも一応 graduate program というのがありますが、ここでも学生時代のインターンなどの経験が非常に重要になってきます。今のスキルセットで、何ができるのか?  という点を追求されます。

非常にシビアな世界ですが、自分の市場価値を高めれば、様々な機会と高い報酬がまっています。

 

オーストラリアの日系企業の現状

日本での就職と違い、オーストラリアのシドニーでは、若手かつ日系企業での実務経験のある人材が、そもそも少ないです。

オーストラリアの場合は、昔はビザが比較的取得しやすかったので、だいたい40歳以上の日本人が多い印象です。

また、ワーキングホリデーで来られて現地の方と結婚というケースも多く、私の働いてたオフィスでは、40代前後の日本人の方がとても多かったです。これ、10年後とか、どうなるのだろうかと少し気になりました。

 

現地採用デスクからの風景

現地採用として働いた僕のデスクからの風景

 

一方で、オーストラリアにある日系企業は日本語も話せるオーストラリア人を採用したいのですが、その人材もまた非常に少ない。また、その中で日系企業に興味を持ってくれる人材となると、ますます少なくなります。

その理由は、

  • オーストラリアのシドニーにある、イギリス、アメリカ、 そしてオーストラリアなどの企業と比べ、日系企業は給与水準が低い。
  • 駐在できているマネージャーの英語力が低すぎるため、コミュニケーションが面倒になるケースがあり。
  • ワーキングカルチャーが違いすぎる(残業、接待=面倒、我慢=素晴らしい、など)
  • 本社の承認を取らなければならないケースが多すぎる(too much process..と日系の企業で働いたことのあるオーストリアの友人がいってました。)

などです。

 

海外転職を目指す方におすすめの戦略

それでは、自らの経験、失敗を踏まえ、海外就職、海外転職を目指す方向けに、私のおすすめの戦略を2点紹介します。

 

【最重要】日本で1年でも実務経験を積んでおく

海外でITの営業がしたいなら、その実務経験を日本で積んでおきましょうという意味です。これが、非常に大切です。

例えば、Web developer で海外での転職を目指すのなら、その経験を日本で積んでおこうという意味です。

日本での未経験からの就職(新卒採用システムに乗っかる)と、海外での未経験からの就職(経験なしでの苦しい戦い。乗っかるものなし。)の難易度は比較になりません。

ここで、こんな声が聞こえてきます。

自分の好きなこと、やりたい仕事がわからない。

仕事をする前から分かっていれば最高ですが、実際、なかなかわからないものです。私もそうでした。

現時点で好きなこと、やりたいことがわからないと悩んでいる方は、悩むことをやめて少しでも興味があることをやってみましょう。考え続けても、好きなこと、やりたい仕事なんて、出てきません。

結局、私は、土木院卒 ⇨ 海運 ⇨ 商社 ⇨ web developerと、キャリア的には、とてつもなく非効率な道を歩んでいます。

ですので、自分がやりたい仕事はわからないけど、人生の中でどうしてもこの国に行きたいというのがあれば、下記のアプローチもお勧めします。

  1. 移住したい国で需要のある、もしくはこれから需要の増えそうな職種を調べる
  2. 日本でその関連する実務経験を積む
  3. (現地のその分野のスクールに行く)
  4. 現地で転職活動をする。

というアプローチもありだと思います。他の国はわかりませんが、オーストラリアで日本語を必要としないポジションに実務経験なしで挑むのは、かなりハードでした。

3のスクールはオプショナルです。実務経験さえあれば、3の学位はなくても十分に戦えます。

 

英語もしくは現地の言葉は鍛え上げる。TOEIC900点では足りません。

もうすぐ、オーストラリア海外生活5年となります。今所属しているオーストラリアの会社では、日本人一人という環境で働いていますが、自分の英語力に満足する日は来ないように感じています。笑

テレビのニュースはほとんどわかりますが、業務で専門的な議論になると、もっとうまく説明できればとヤキモキすることが多々あります。いまだに。もっと楽にコミュニケーションとれたらいいのにと、いつも思います。

ここで注意ですが、そんな私の英語力でも十分仕事はやっていけます。仕事はやっていけるけど、語学力高いに越したことないよという話です。

また、現地生活を楽しむためにも、語学力は磨きあげておきましょう!

 

なぜ海外転職で実務経験と語学力が大切なのか

それは、日本語を武器として日系企業だけを対象に海外で転職活動をすると、応募可能な求人案件が非常に少なくなるからです。

僕は今オーストラリアにいるので、オーストラリアを例に説明します。

オーストラリアで最も有名な求人情報サイトが seek です。

このサイトで、“Japanese“ のキーワードで求人を検索してみます。(対象、オーストラリア全域)

=> 620 jobs.

620件の求人があるということですね。この中には、日本語を使うあらゆるジャンルの仕事が含まれます。商社、銀行、保険などなど。ちなみに、この中の約50%は、シェフとか旅行業関連です。

 

次に、僕は今オーストラリアでエンジニアとして仕事をしてますので、“javascript” のキーワードで求人検索してみます。ちなみに、”javascript”は、プログラミング言語の一つです。つまり、プログラマーの仕事に限定して求人検索しています。

=> 3,083 jobs.

プログラマーの仕事に限定しているのに、これだけあります。また多くのテックスタートアップはこのサイトに求人案内をださないので、実際はもっと求人数があると思います。

以上のように、実務経験から習得した専門的なスキルと現地の語学力がないと、応募できる求人案件自体がとても少なくなるということです。だから、専門スキルと語学力の強化が大切だと強調しているわけです。

 

オーストラリアでの海外転職のまとめ

上記のポイントを前もって計画して実践すれば、海外での非日系への就職も可能です。やはり海外での就職、転職で、少数派である日系企業しか選択肢がないとなると、結構寂しいです。せっかく海外に来ているのだから、外資系で働きたい人もいるでしょう。

自分の人生を、海外では数の少ない日系企業のみに委ねないといけない気分はあまりいいものではないなと、私は感じました。念の為付け加えておきますが、日系企業で働くのが悪いと言っているのではありません。精神的にも、選択肢は多い方がいいという話です。

実際に、オーストラリアの総合商社で現地採用として働いた記事はこちらです。興味のある方はどうぞ。

【海外現地採用】伊藤忠商事で働いた話【オーストラリア現地法人】

実はその後、シドニーでエンジニアにキャリアチェンジしたので、興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

30代で営業からエンジニアに転職して良かった事【5選】

【経験者が語る】未経験の30代がプログラマーへ転職するのは難しいのか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*