オーストラリア在住日本人がJAL修行をした4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
JALサファイアカード

今日は、オーストラリアのシドニーに住んでいる日本人が、なぜ所謂JAL修行を開始したのかについて紹介します。豪州在中の方々、特にメルボルン、シドニーに住んでいる方、もしくは逆に出張で日本からメルボルン、シドニーに来られる方には、参考になるかなと思います。JAL修行そのものについては、多くのブログが存在していますので、此方では割愛させて頂きます。オーストラリアに住んでいる方、もしくはよく出張などで来られる方には、是非挑戦してもらいたいです。

長期休暇を取得しやすいオーストラリアにいるので、飛行機に乗る機会が多い

まずは、何と言ってもこれです。

オーストラリアではフルタイムで働いていると、最低年間4weeksの有給休暇がもらえます。最低です。みんなさん普通に全て消化します。最近の好調なスタートアップでは6weeksとか、はたまた、無限!?の有給休暇を売りに採用活動をしている会社もありますが。

それはさておき、祝日と組み合わせると年に2週間の休暇を3度取得するのも余裕です。ですので、毎年、日本も含めかなりの回数海外旅行していました。これを全てJALさんの飛行機にすれば、すぐに到達するなと思い開始しました。

JALではアジア、オセアニア地区は、なんとFOP1.5倍(150%)

この1.5倍は半端ないです。

JALさんのFOPというのは、世界一律でなく、エリアによってボーナスがあります。一番高いのは日本国内で2倍です。しかし、日本国内ですので、元のマイル自体が非常に少ないです。

次は、アジア、オセアニアの1.5倍です。そして、当然ながらオーストラリアのシドニー、メルボルンはその中でも圧倒的に飛行距離が長くなりますので、マイルもガッツリとたまります。

ざっくり、シドニーー東京を往復すると下記のようになります。

前提条件:

  • 運賃:エコノミークラス運賃1(100%)(プレエコとかです)
  • JALカード会員

4863(区間マイル) x 1.5(アジアオセアニア地区) + 400 (JAL card 搭乗ボーナス) x 2 (往復) = 15,390

如何でしょうか?

ちなみに、年間5万マイルでサファイアに到達します。そしてJGCに入会しておけば、ほぼ永久的にワンワールドのサファイアステータスを維持できます。カンタスのゴールドと同等です。JALカードに入会すると、ボーナスで5000FOPもらえますので、日本とシドニーのみ3往復するだけで、達成です。ビジネスクラスに乗れば、なんと2往復で到達します。

正直、オーストラリア在住者には、お勧めしない理由がありません。これは、修行と言えません。

カンタス航空ゴールドメンバー時代の便利さが恋しい

ソフトウエアエンジニアになるまでは、出張だらけでしたので、カンタスのゴールドステータスを持っていました。やはりあの便利さを味わうと、忘れられません。

そして、私はかなりの短気ですので、空港でチェックインを待つとか、預けた荷物が出てくるのを待つのが嫌いです。サファイアステータス以上になれば、ほぼ待たされることはありません。当然、空港のラウンジも使えます。

人生通算で搭乗機会が多くなるであろう海外に住んでいる方々には、かなりのメリットだと思います。

懐かしの日本のサービスを味わえる

海外に住んでいると、日本の誠実な温かいサービスが恋しくなります。

日本帰国時の飛行時間は、長時間となるので、日系のJALさんの飛行機に乗れば、懐かしい日本式のサービスを受けることができます。たまに受けると、日本のサービスはいいなとつくづく思うのです。

まとめ

以上の理由により、私はJAL修行の開始を決断しました。修行というよりは、いつもの旅行を全てJAL便で乗ることにしただけですが。

そして、2018年の8月頃に、無事にサファイアを獲得しました。その後、年末に旅行の予定があり、そこでJGCプレミアまで到達してしまいました。今年は、ファーストクラスラウンジも使用できます。その辺りの便利さも、追々紹介していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*