エンジニアのキャリア

海外でプログラマーとして働くとは【年収・学位・働き方・オススメ海外移住プラン】

スタートアップライフ

どうも!シドニー在住エンジニアのワタです。

今日は「海外で働くプログラマーってどんな感じなのか?」という疑問にお答えするために、海外でプログラマーとして働く僕の学位、年収、働き方、そして、オススメの海外移住プランについて紹介します。

海外でプログラマーとして働く僕の学位

graduation

「海外で働くプログラマーは、やはりコンピューターサイエンスの学位が必須ですか?」とよく聞かれます。結論から述べると、「海外というか、プログラマーとして働くなら、コンピューターサイエンスの学位はあったほうが良いが、なくても大丈夫」という感じです。

まずは、簡単に僕の経歴を紹介します。

土木の分野で大学院を卒業していますが、プログラミング経験はゼロでした。新卒では海運の会社へ営業として就職しました。その後、三ヶ月の短期集中型プログラミングスクールにを卒業し、プログラマーとなりました。

現在はオーストラリアのスタートアップでフロントエンドエンジニアとして働いています。オーストラリアでは3社目です。

ということで、僕は有名大学のコンピューターサイエンスの学位などもっていません。それでも、十分に海外でプログラマーとして働くことは可能です。

一方で、グーグルとかアップルとか、企業の研究期間で働いているプログラマーは、コンピューターサイエンスの修士号や、博士号をもっている人が多い印象です。もちろん全員ではありません。大学で取り組んできた関連分野の研究を、場所を企業に移して、続けているような感じです。

海外でプログラマーとして働く僕の年収

プログラマーとしての最初の仕事では、一ヶ月間無給で働きました。それ以前は総合商社で残業もかなりしていたので年収1000万円ぐらいでした。

その後、次第に上がっていき、一年後には年収約500万円。二年後には、約700万円、三年後には、約1000万円に到達していました。転職していなかったら、ここまで順調には伸びていなかったと思います。周りのエンジニアを見ても、果敢に転職をしている人の方が年収の伸びがかなり大きいです。

海外はオーストラリアでのプログラマーの年収については、【現役エンジニアによる】海外でのエンジニアの年収とは【オーストラリア編】の記事で詳しく紹介しています。

オーストラリアはシドニーのビジネス街
【現役エンジニアによる】海外でのエンジニアの年収とは【オーストラリア編】エンジニアの海外での年収について、現役のオーストラリア在住エンジニアが解説します。結論から言えば、人手不足のエンジニアの年収は、相当高いです。...

海外オーストラリアでのプログラマーの働き方

programmer

日本国内と、さほど変わりはないと思いますが、海外オーストラリアでは、プログラマーが働ける場所として、主要なもので大きく分けて、スタートアップ(ベンチャー)、大企業、デジタルエージェンシーの3つがあります。

スタートアップとは、社員数人から数百人まで、一言でスタートアップといっても、色々なステージがあります。あまりにも初期段階のスタートアップで働けば、会社がいつ失くなるか分からない状況でハラハラしながら働くことになるかもしれません。実際にスタートアップの9割以上が、三年以内に倒産すると言われています。

大企業で働くとは、そのまんまです。たくさんありますが、オーストラリアでエンジニアに有名な企業と言えば、アトラシアン(メガスタートアップ)、カンタス航空、コモンウェルスバンクなどの銀行、Canva(デザインツールを提供する日本でもサービスを開始したメガスタートアップ)などなどです。

デジタルエージェンシーとは、顧客のためにサイトやアプリなどを作成し提供したり、会社によってはマーケティングプランなどもパッケージとして提供する会社もあります。プロダクトの納期がキツキツだったりして、コードの質はある程度捨て、ミニマムの機能追加を優先したりと、エンジニアには、あまり人気のない業種です。いろんな物を作りたいというエンジニアは良いかもしれません。

この辺りは、【オーストラリア編】海外でのプログラマーの仕事内容とはで詳しく紹介しています。

緑に囲まれている会社
【オーストラリア編】海外でのプログラマーの仕事内容とは今日は海外はオーストラリアでのエンジニア(プログラマー)の仕事内容、働き方を紹介します。僕は、現在シドニーのスタートアップでフロントエン...

海外でプログラマーとして働く僕のオススメ海外移住戦略

plan

僕は現在、海外オーストラリアでプログラマーとして仕事をし生活していますが、現在の働き方、生活に満足しています。人生何があるかわかりませんが、今のプログラミングのスキルがあれば、他の国への移住も比較的容易だと思うようになりました。こう思える状態になることが、精神安定上とても大切だと思います。もちろん、営業からエンジニアへの移行期間は、それなりに不安だったし、大変でした。僕の場合、大変だったのは一年間ぐらいです。

海外で働くこと、移住すること、プログラマーとして海外で働くことに興味がある方は、【現役海外在住エンジニアによる】エンジニアとして海外移住を狙うためのロードマップ も読んでみてください。

海外へのロードマップ
【現役海外在住エンジニアによる】エンジニアとして海外移住を狙うためのロードマップエンジニアという仕事で海外移住を目指すためのロードマップを作成しました。なぜ、エンジニアなのか、なぜカフェやレストランで働くのはダメなのか、そして日本でエンジニアとして働き、その後に海外移住を目指す戦略について解説します。...
ABOUT ME
Wata
Wata
30歳で営業職からエンジニアに転職した者のブログです。 大手海運業→総合商社→ソフトウエアエンジン。現在は、オーストラリアにてエンジニアとして働いています。 未経験からのエンジニアへの転職、フロントエンド周りの技術、エンジニアの仕事環境、趣味の旅行、JAL修行、オーストラリアの情報などを発信しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です