世界のラウンジ

【レビュー!】JALの羽田空港国内線ラウンジ【ダイヤモンド プレミア】

入って直ぐのところに展示されている素晴らしい松

どうも!シドニー在住エンジニアのワタです。

今日は、日本へ一時帰国した時に、羽田空港国内線にあるJALのダイヤモンプレミアラウンジに寄ってきたのでレビューします。

 

【JAL⋅羽田⋅国内線ラウンジ】ラウンジの場所とマップ

jal羽田空港国内線ラウンジのマップJAL羽田空港国内線ラウンジのマップ

出典:JAPAN AIRLINES

このラウンジマップの通り、似たような作りのラウンジが、南と北に別々にあります。南と北といっても、隣同士に位置しているので、空いている方にいけば良いかと。

【JAL⋅羽田⋅国内線ラウンジ】入り口

入り口は、いつも通りサクララウンジと同じです。

ラウンジに入ると、こんな立派な松がお出迎えしてくれます。

入って直ぐのところに展示されている素晴らしい松入って直ぐのところに展示されている素晴らしい松

【JAL⋅羽田⋅国内線ラウンジ】くつろぎスペースはこんな感じ

羽田空港国内線のダイヤモンドプレミアラウンジです。土曜日の昼初の便でしたが、ラウンジは比較的空いていました。空港自体はかなり混んでいましたが。

内観は、サクララウンジそっくりです。

JAL⋅羽田⋅国内線ダイヤモンドプレミアラウンジの内観JAL⋅羽田⋅国内線ダイヤモンドプレミアラウンジの内観

 

JAL⋅羽田⋅国内線ダイヤモンドプレミアラウンジの内観2JAL⋅羽田⋅国内線ダイヤモンドプレミアラウンジの内観2

【JAL⋅羽田⋅国内線ラウンジ】食事やドリンク

JAL⋅羽田⋅国内線ダイヤモンドプレミアラウンジの食事JAL⋅羽田⋅国内線ダイヤモンドプレミアラウンジの食事

シンプルな軽食が提供されます。洋風のスープと、味噌汁、おにぎり、クロワッサン、カレーパンと言った感じです。忙しいビジネスマンには嬉しいでしょう。

お味噌汁には、たっぷりの油揚げとネギが使用されていました。

僕は日本帰国時にはちゃんとした日本食を食べたいので、いつも外のレストランで食事をしてからラウンジにきますが、食後でも一通りは頂きます。笑

ごちそう様でした。

ドリンク類は、これと言って特徴はないですが、ビール、日本酒、ジュース、コーヒー、ポカリ、トマトジュース等、一通り揃っています。

【JAL⋅羽田⋅国内線ラウンジ】シャワー

これまでの僕の人生で一番のお気入りのシャワーは、このJALのラウンジのシャワーです。笑

雰囲気、水圧、照明の明るさ等、完璧なのです。

サクララウンジのシャワーも最高ですので、使ったことない人は是非とも試してみてください。

【JAL⋅羽田⋅国内線ラウンジ】全体的な感想

窓から見える機体窓から見える機体

 

まあ、国内線のラウンジですので、ダイヤモンドプレミアラウンジといえどもそこまでの豪華さはありません。サクララウンジとほぼ同じような感じです。

軽食が提供される、少し空いていると言ったメリットがあるくらいで、内装などは非常に似ています。

個人的に一番気になるのは、食事の種類が少ないことです。基本的に、パン、スープ、味噌汁、おにぎりです。

僕はオーストラリアに住んでいるので、どうしてもカンタスの国内線ラウンジと比較してしまいますが、食事、ドリンクなどの面ではカンタス航空の圧勝です。

シャワーなど清潔さなどは、やはりJALさんでしょう。

【JAL⋅羽田⋅国内線ラウンジ】営業時間、入室条件

北と南で微妙に営業時間が違います。

北側

  • 場所:第1ターミナル 北ウイング3階
  • 営業時間:5:30~最終便出発まで
  • 座席数:約390席

南側

  • 場所:第1ターミナル 南ウイング3階
  • 営業時間:5:15~最終便出発まで
  • 座席数:約350席

入室条件

ダイアモンドプレミアラウンジですので、下記の通りです。同行者の方も1名のみOKです。クレジットカードのゴールドカードなどでは利用できません。

  • ファーストクラスの搭乗者
  • JMBダイヤモンドかJGCプレミアの会員とその同行者

また、ラウンジクーポンで利用できるのはサクララウンジですので、ダイヤモンドプレミアラウンジは利用できません。

ABOUT ME
Wata
Wata
30歳で営業職からエンジニアに転職した者のブログです。 大手海運業→総合商社→ソフトウエアエンジン。現在は、オーストラリアにてエンジニアとして働いています。 未経験からのエンジニアへの転職、フロントエンド周りの技術、エンジニアの仕事環境、趣味の旅行、JAL修行、オーストラリアの情報などを発信しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です