その他

オーストラリア月に”3000ドル”の補助金を支給!【コロナ危機対策】

オーストラリアはシドニーのビジネス街

数時間前の2020年3月30の夕方、新型コロナウイルスに対するオーストラリアの景気刺激策が発表されました。

なんと、コロナウイルスの影響で一時解雇となった被雇用者に最低月3,000豪ドル(現在の悪いレートで約20万円)支給するとのことです。しかも、最大6カ月間も続くようです。

JobKeeper Paymentの背景と目的

現在、オーストラリアでは、コロナウイルスによる不況で、約600万人の方が、解雇、もしくは一時解雇(stand down)という状態になっているようです。周りの友人や知り合いからも、解雇された、一時解雇になったという知らせが届いています。僕も、資金的にそこまで潤沢ではないスタートアップで働いているので、これはいい知らせです。ちなみに大手の会社でも、一時解雇が増えているようです。

それもそのはずで、政府の号令により、小売を中心にほとんどのビジネスがクローズ、レストランなどはテイクアウトのみ、必要不可欠な外出は禁止というロックダウン状態です。会合などは、最大二人までとなっています。

以下、オーストラリアの現状をまとめておきます。

2020年3月30時点でのオーストラリアで暮らす上での注意【行動制限】

  1. 生活に必要不可欠な買い物、通勤、通学、運動などをのぞき、自宅での待機を要請。
  2. 屋内に限らず、屋外でも集会・会合は最大二人まで。家族はそれ以上でもOK。
  3. ジム、パブ、クラブ、映画館、娯楽施設の閉鎖。
  4. レストランはテイクアウトのみ(実際、テイクアウトのみでは厳しく、クローズしているお店が多いです。)
  5. 公園の遊具(ブランコとか)は使用禁止。
  6. 高齢者は、自宅での自己隔離を強く要請。
  7. 海外渡航禁止(市民権保持者のみならず、永住者も含む)
  8. 海外からの帰国者は、政府指定のホテルで二週間隔離させる。少し前までは、自宅で自己隔離でしたが、違反者が多いので見張り付きのホテルになったようです。
  9. これらの規定に違反した個人には、1,000ドル、企業には5,000ドルの罰金。ちなみに、逮捕者もでたようです。

というように、政府の指示により、観光、ホテル、小売業を中心に多くのビジネスが営業を停止しています。その影響で、バイトは解雇、正社員でも解雇、もしくは一時解雇にせざるおえない会社が相次いでいます。元気なの会社は、ソフトウエアやオンラインラーニングの会社です。

よって、コロナウイルスが収束し、さあビジネスも営業を再開しようという時に、「労働力が足りない。。。」という危機を避けるため、この「JobKeeper Payment」という助成金を配布するようです。

JobKeeper Paymentの中身

詳しくは、こちらのオーストラリア政府からのメディアリリースをご覧ください。ポイントを、いかにまとめます。

  1. この補助金は、まず、雇用者(会社)に支払われる。
  2. 対象となる被雇用者(社員)は、2020年の3月1時点で、勤務しているもの。一時解雇(stand down)になった、もしくは今後なるフルタイム、パートタイムの被雇用者。カジュアル労働者は、一年以上勤務している場合のみ対象となる。
  3. フリーランスも対象。
  4. 対象となる被雇用者(社員)は、雇用者(会社)から二週間ごとに最低1,500ドルもらえる。
  5. この補助金のプログラムは、2020年3月30から開始する。最低1ヶ月間、最大6ヶ月間。
  6. 雇用者(会社)が、政府のサイトで登録する必要がある。

日本に比べ、かなり大胆な景気刺激策です。さすが、資金豊富だと言われるオーストラリアの対策だと感心してしまいました。

JobKeeper Paymentについて思うこと

この金額だと、通常もらっていた給料よりも、補助金の方が高いという方も結構でてくると思います。ちなみに、この1,500ドル(二週間あたり)は、オーストラリアの平均賃金の70%にあたるそうです。そして、宿泊施設、ホスピタリティー、小売業に産業を限定すれば、平均賃金とほぼ同額なようです。エンジニアの給料は、間違いなくこれより高いですが。

ということは、僕が会社のオーナーならば、一時解雇にはしたものの、どうせ政府から1,500ドル受け取り、社員に最低1,500支払う必要があるので、一時解雇やめて、やっぱ何か仕事してくれないかな?と言いたくなります。上記リンクの、メディアリリースにも「Every eligible employee must receive at least $1,500 per fortnight from this business」と記載されています。at leastが非常に気になります。何かしらの仕事がある産業はいいでしょうが、ホテル、小売などは、店舗をクローズしているはずなので、仕事をさせたいが、してもらう仕事はないとなるでしょう。この場合には、会社にとって、将来の労働力をキープするために、純粋に、この政府の補助金を使うことになると予想します。

明日3/31は、オーストラリアの会社、株式市場にとって慌ただしい1日となるでしょう。

読者のみなさんは、どうか国の規定はしっかり守り、手洗い、食事、睡眠とう、体調管理はに気をつけてお過ごしください!

 

ABOUT ME
Wata
Wata
30歳で営業職からエンジニアに転職した者のブログです。 大手海運業→総合商社→ソフトウエアエンジン。現在は、オーストラリアにてエンジニアとして働いています。 未経験からのエンジニアへの転職、フロントエンド周りの技術、エンジニアの仕事環境、趣味の旅行、JAL修行、オーストラリアの情報などを発信しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です