エンジニアのキャリア

【実際の求人を分析】フロントエンドエンジニアに必要なスキル

HTML CSS JS

どうも!シドニーでフロントエンドエンジニアとしては働いているワタです。

今日は、2020年2月に実際に求人募集中である「フロントエンドエンジニア」のポジションに必要なスキルを分析します。オーストラリアのエンジニアの中で人気のある会社をピックアップして3社ほど紹介していきます。

【Domain】Senior Front End Developer

最初に紹介するのは、オーストラリアのエンジニアの中でも人気のある不動産を手掛ける会社「Domain」です。日本で言えば、三井不動産的な会社です。オーストラリアのシドニーに本社があり、不動産会社でありながら、最新の技術を取り入れるスピードが早いのが特徴です。技術系のイベントが開催されるので何度かオフィスに行ったことがありますが、不動産の会社ということもあり、かっこ良すぎるオフィスでした。

技術的なスキルでは、シニアのポジションですので、フロントエンドですがNodeの経験なども求められます。

必要なスキル

  1. JavaScriptの深い理解。実践面の経験のみならず、理論的な知識も必要。
  2. React, Node, HTML, CSSの十分な知識。
  3. GraphQLへの強い興味。
  4. 質の高いコードをデリバリーすることへの情熱。
  5. スプリントプランニングへの参加。
  6. 若手エンジニアへの教育。

特徴的な待遇

  1. 素晴らしいオフィス環境
  2. React conferenceへの参加

給料の予想

このようなスキルセットで、シニアのポジションだとAUD130,000~AUD160,000が大体の相場です。

【Spaceship】Frontend Engineer (React / React Native)

次に紹介するのは、シドニーに本社がある絶好調のベンチャー企業「Spaceship」です。Spaceshipは、投資の知識がない個人向けに、利用しやすい投資のサービスを提供しています。CEOは元ゴールドマンサックスで、エンジニアにも元グーグルなどの確かな実力のあるメンバーが揃っています。まだ、従業員数は40人弱の会社です。日本で言えば、「ウェルスナビ」のような会社でしょうか。

ミドルからシニアのポジションなので、こちらもある程度のバックエンドのスキル、能力を要求されます。この会社はGoです。フロントからバックエンドまで、これでもかというぐらいモダンなテックスタックとなっています。

Go 「Programming Language」という書き方が、個人的にはツボです。ポケモンGoではありません。

彼らのホームページだけでもみてください。モダンでかっこいいサイトです。

必要なスキル

  1. Javascript (ES6), Typescript, React / React Native, Redux or MobXの十分な実務経験
  2. 美しいプロダクトを作れる能力。
  3. バックエンド開発にも貢献できる能力(Go 「Programming Language」)

特徴的な待遇

  1. ジムなどの費用のサポート
  2. スタンディングデスク

給料の予想

ミドルからシニアのポジションですが、この会社はエンジニアの給料が相当高いことで有名です。AUD130,000~AUD180,000あたりでしょう。実力のあるエンジニアにはいくらでも出すよという感じの、お金のある会社です。

【Hireup】Senior Front-End Software Engineer

次に紹介するのは、2015年創業のベンチャー企業である「Hireup」。前の会社の同僚も現在はシニアのDevOpsとして働いています。Hireupは身体の不自由な方が、自ら、自分にぴったりなサポートワーカーを見つけることができるオンラインプラットフォームを提供しています。こちらも急成長中の会社です。

技術的には、サービスの利用対象が、何かしらの障害も持っている方々ですので、アクセスビリティーのスキルを重要視しているのが特徴的です。そして、新興企業ですので、後術の通り、ユニークな有給休暇があります。

必要なスキル

  1. 5年以上のフロントエンド開発の経験
  2. アクセスビリティーに関するベストプラクティスの理解
  3. モダンなCSSに関する、アーキテクト、ベストプラクティス、パフォーマンス、メインテナンスの知識
  4. セマンティックHTMLへの包括的な理解
  5. フロントエンドパフォーマンスチューニングの実務経験
  6. モダンなJavaScriptフロントエンドフレームワークの経験と興味

特徴的な待遇

  1. 5日間の学習のための有給休暇(通常の有給とは別)
  2. 4日間のボランティアに参加するための有給休暇(通常の有給とは別)
  3. ラップトップや周辺機器は自由に選べて、会社が全て購入

給料の予想

こちらも資金力のあるベンチャーで、ソフトウエアが彼らのビジネスの根幹をになっていますので、給料も高めです。シニアのポジションですので、AUD130,000~AUD180,000あたりでしょう。

オーストラリアで求人募集中のフロントエンドのポジション分析3社のまとめ

フロントエンドエンジニアのポジション分析のまとめです。

共通している点としては、どのポジションでも「JavaScript」の深い知識と実務経験が求められます。それに加えてReactです。オーストラリアでは多くのソフトウエアカンパニーでReactが採用されています。他のJSフレームワークであるVueやAngularはそこまで人気がありません。

フロントエンドを極めていきたいのなら、JavaScript、Reactあたりを極めていくと良いでしょう。その後に、Typescript, GraphQLあたりでしょう。

フロントエンドエンジニア
【現役エンジニアによる】未経験からフロントエンドエンジニアへのロードマップ現役フロントエンドエンジニアの僕が、フロントエンドエンジニアになるためのロードマップを紹介します。おすすめのプログラミング言語、オンラインの学習教材、本、キャリアパスなどを紹介します。...
React
初心者向けReact入門!【おすすめチュートリアルと本を紹介】「Reactの公式チュートリアルはやってみたけど、難しい、もしくはイマイチ理解できない」という方に向けて、公式チュートリアル以外のオンラインチュートリアル、本を紹介します。 Reactを身につければ、当面仕事に困ることはないと思うので、これからフロントエンド、フルスタックエンジニアを目指す方にも自信をもってお勧めできるJavaScriptフレームワークです。...

 

 

ABOUT ME
Wata
Wata
30歳で営業職からエンジニアに転職した者のブログです。 大手海運業→総合商社→ソフトウエアエンジン。現在は、オーストラリアにてエンジニアとして働いています。 未経験からのエンジニアへの転職、フロントエンド周りの技術、エンジニアの仕事環境、趣味の旅行、JAL修行、オーストラリアの情報などを発信しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です