オーストラリア

ブリスベン空港国内線 JGCプレミアで利用するカンタスビジネスラウンジ

ブリスベン空港のカンタスラウンジ

今日は、20197月に訪問してきたブリスベン国内線にあるラウンジの一つ、カンタスビジネスラウンジを紹介します。

カンタス航空が進めているラウンジ改修工事によりニューオープンしたばかりの最新のラウンジで、もはや国際線レベルのラウンジでした。

ワンワールドメンバー、JGCが利用できるブリスベン空港国内線のラウンジを整理

ブリスベン空港では、ワンワールドアライアンスのカンタス航空が本拠地となるので、多くの場合、JGC会員の方はカンタス航空のラウンジを使うことになるでしょう。

まずは、カンタス航空のラウンジの名前が分かりにくいので、ラウンジの情報を整理します。

カンタス航空の国内線には基本的に二つのラウンジがあります。

  1. カンタスビジネスラウンジ(最上位)
  2. カンタスクラブラウンジ

 

カンタスビジネスラウンジ > カンタスクラブラウンジ ですので注意してください。

つまりJALでいう、ダイヤモンドプレミアがカンタスビジネスラウンジで、サクララウンジがカンタスクラブラウンジといった感じです。

 

今日は、ブリスベン空港国内線のカンタスビジネスラウンジを紹介します。

 

カンタスビジネスラウンジへの行き方

国際線の乗り継ぎでない限りは、プレミアムラウンジエントリーがあるので、

こちらからセキュリティーを通過してエスカレーターを登っていけばスムーズです。

そうでなければ、セキュリテー通過後に下の写真のラウンジゲートを通過すれば、カンタスクラブラウンジとなります。

 

ブリスベン空港のカンタスラウンジエリアへの入り口ブリスベン空港のカンタスラウンジエリアへの入り口

 

さらに、奥の方に進むと、カンタスビジネスラウンジの入り口があり、再度チケットを確認されます。

 

カンタスビジネスラウンジの席

広々としていて多くの間接照明と、植物が設置してあり、非常に居心地の良い空間です。

なんとなく、キャセイのラウンジに雰囲気が似ている気がします。

ブリスベンのカンタスビジネスラウンジの内観-1ブリスベンのカンタスビジネスラウンジの内観-1

 

ブリスベンのカンタスビジネスラウンジの内観-2ブリスベンのカンタスビジネスラウンジの内観-2

 

ブリスベンのカンタスビジネスラウンジの内観-3ブリスベンのカンタスビジネスラウンジの内観-3

 

カンタスビジネスラウンジの食事、ドリンク

まずドリンクは、ホテルにあるようなバーカウンターがあるので、そこでオーダーできます。オーストラリアのパブで見かける、数種類の生ビールが楽しめます。その他にも、ワイン、ウイスキー、カクテルなど、大抵のものは揃っています。

食事は、シェフのいるカウンターと、ブュッフェ形式のセクションの2つがあります。

シェフのいるセクションでは、オーブンから出来立てのナチョスが振る舞われていました。

ディナーの時間帯に訪問したので、サラダ、スープ、ビーフのカレーのようなもの、数種類のチーズ、パン、生ハム類がありました。jal のダイヤモンドビジネスラウンジと比較しても、料理の豊富さはカンタスの圧勝だと思います。もはや、JALの国際線のラウンジのようでした。

 

ビュッフェエリア-1ビュッフェエリア-1

 

ビュッフェエリア-2ビュッフェエリア-2

 

盛り付け汚くてすみません。料理はこんな感じです。

 

カンタスビジネスラウンジの食事カンタスビジネスラウンジの食事

 

カンタスビジネスラウンジの食事 カレーカンタスビジネスラウンジの食事 カレー

 

ブリスベン空港国内線のカンタスビジネスラウンジ基本情報

入室条件

  • ワンワールドのエメラルド会員(JGCプレミア、JGCダイヤモンドはココ)で、当日ワンワールドのフライトに乗る人。
  • カンタスのビジネスクラスに乗る人。
  • カンタスフリークエントフライヤーのPlatinum以上。

 

場所

セキュリティー通過後の、Gates 45の近くです。

 

営業時間

05:00 から カンタス最終便出発まで。

ABOUT ME
Wata
Wata
30歳で営業職からエンジニアに転職した者のブログです。 大手海運業→総合商社→ソフトウエアエンジン。現在は、オーストラリアにてエンジニアとして働いています。 未経験からのエンジニアへの転職、フロントエンド周りの技術、エンジニアの仕事環境、趣味の旅行、JAL修行、オーストラリアの情報などを発信しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です